たんたん環の仮想通貨NFT

かびたぬと再会する日まで頑張ります

ENSドメイン(.eth)の取得と設定のやり方

 

ENSドメインとは

ちょっと前からSNSの名前を「ナントカ.eth」にしてる人を見かけるような気がします。

あれはなんなんや。

 

 

ENSドメインと言って、イーサリアムのアドレスを「0x・・・・・・・・・・」というアドレスから「ナントカ.eth」というドメインに紐付けることができるのです。

 

そうすると、「0x・・・・・・・・・・」に対するトランザクションが、「ナントカ.eth」あてでもokになります。

 

要は、数字とアルファベットからなるイーサリアムのアドレスに「ナントカ.eth」という好きな名前をつけられるっていう感じです。

 

Ethereum Name Serviceの略でENS。

「アドレスを変更できる」と言った説明も見かけますが、本来の英数字アドレスは残ってますし、「名前をつけられる」といった方がわかりやすいかと思ってこのように紹介させていただいた次第です。

 

これは普通のwebサイトが、本来数字で表現されるIPアドレスから特定の文字列からなるドメインでアクセスできるようになることのイーサリアム版ということのようです。

 

しかもイーサリアムチェーン以外にも100個以上のチェーンの対応してるらしいです。

https://app.ens.domains/faq

 

 

さて、これが本当に多くの人に役に立つかどうかはまあ微妙な気はしますが、クリプトをガンガン使う人にとってはあの非常に確認しにくく長い文字列を使わず、自分の好きな名前に変更できるのは助かるかもしれません。

 

こうした実用目的の他にも、面白半分web3.0アピール、さらには転売・・・といろんな目的で使われているような気がします。環は面白半分です。

 

 

とりあえず以下、実際に取得してみましょう。

 

 

ENSドメインの取得

ENSドメインを設定できるサイトにアクセスします。

https://app.ens.domains/

 

 

左上のconnectを押してウォレットを選択します。

 

 

サインインして繋げ終えたら、検索窓に取得したいドメイン名=文字列を入れて検索します。

 

3文字以上でなければならず、3文字4文字は高いです。https://app.ens.domains/faq

 

 

この記事では例として「goodtanuki」を入れてみます。

 

 

検索結果は・・・

 

avaliableです。

まだ他の人に取られていないようです。まあこんな言葉使う人はあまりおらんわな。

 

 

4文字以下の短いワードや数字は人気で、既に取られてることが多いです。

 

取られている場合はunavaliableと表示されます。こんな感じ。

この例では失効expireが2024年2月7日になってます。それまでの間は選べません。expireについてはすぐ書きます。

 

goodtanukiの例に戻りましょう。

 

登録したい文字列を選択して先に進むと、登録画面になります。

 

この例では年間0.002ETH +ガス代でドメインを取れるようです。この場合、ガス代の方が高いですね。

 

このように年単位での契約になり、一生使えるわけではありません。その年数がすぎると失効expireします。

 

年数は変えることができます。また失効する前に更新することもできます。

 

 

財布と相談して年数を決めたら、右下Request To Registerに進みましょう。

このチュートリアルではとりあえず1年にしておきます。

 

 

・・・地味に面倒なことに、登録のために2回トランザクションやる必要があります。

書いてある説明を読むと、最初のトランザクションを送って仮登録を行い、さらに2回目で本登録という感じらしいです。

 

今からスクショ貼ってきますが、先ほど表示された必要な金額は2回分の合計のようですので、2回目に法外な額をいきなり要求されることはないはずです。

 

 

まず1回目。1回目は安いです。

 

 

確認を押してトランザクションが通るのを待ちます。

 

トランザクションが通りさらに1分待ったら2回目です。1回目では登録は完了しないので気をつけてください。

説明文によると1週間は仮登録が有効らしいですが、今回は忘れる前にすぐ2回目をやっておきます。

 

2回目の方が多めにかかります。

 

 

2回目のトランザクションが成功すれば、登録のすべてのステップが完了です。

 

これで任意のナントカ.ethを一定期間使えるようになります。

 

 

ENSドメインの紐付けを設定

このままではまだ紐付けが完了していません。

 

Set As Primary ENS Nameに進み、自分でアドレスとの紐付けを行う必要があります。

https://app.ens.domains/faq

 

下の画像の感じで、接続しているウォレットに入っているENSドメインが表示されます。

今回初めて登録した方は、今登録した一個が表示されるはずです。

 

 

 

goodtanukiで登録まで来ましたが、本当に使いたいのはsupertanukiなので、続きはこちらで行います。

 

 

saveを押すとまたmetamaskが開いて、設定のためのガス代を要求されます。

地味にちょいちょい金がかかるな。

 

 

トランザクションが通り、このようになれば設定は完了です。

 

 

期限を延長する

先ほどの設定では1年間の期限でした。

もっと長く使いたくなったら後から延長することができますたぬ。

 

まずMy Accountから延長したいドメインを選びます。

 

そうするとこうやって色々情報が出てくる。

失効するタイミングについても書いてありますね。

延長するには、その右側の「Extend」を選びます。

 

そうすると、何年間延長するのか聞かれます。

ここでは10年として、右下の「Extend」を押します。

 

そうするとMetamaskのポップアップが出てきて、支払いを求められます。

 

トランザクションが成功したら、ドメインの延長が完了します。

 

 

ドメインはNFTとして売買することができる

なおドメインは自分で利用するだけでなく、NFTとして売買することができます

送ることもできます。

 

Primaryに設定してないものも、登録が完了した時点でopenseaなどに表示されます。

 

goodtanuki.eth - ENS: Ethereum Name Service | OpenSea

 

 

2022年5月現在、短い数字などが高値で取引・offerされていることが一部界隈で話題になっております。

ゾロ目などはものすげえ金額がついている。

 

 

今回は以上です。あなたにGood Tanuki

 

Oncyberを使ったNFTアートギャラリー(美術館)作り方

 

 

自前のNFTアートギャラリーを作りたい

最近ではNFTアート参入者もかなり増えてきたような気がします。

 

それに伴う形で、NFTアートギャラリー、NFT美術館、NFT展示会...みたいなのも見かけるようになってきました。

 

 

そこで今回は、

 

「せっかくだから自分の作品を展示する自前のギャラリーを持ちたい!」

「しかし高い土地代を払ってメタバースにギャラリーを作るのは難しそうだ」

 

という方に、便利なサイトを紹介します。

 

 

Oncyberというところで、簡単かつ無料で、自分のNFTギャラリーを作ることができます。

今回はそんなOncyberでのギャラリー作成について簡単にご紹介いたしますたぬき候

 

 

なお、まだNFTアートの作り方がわからないよという方は、簡単に作れるやり方について以前書いた記事をご参考にして下さい。

tanubit.hatenablog.com



Oncyberの使い方

ログイン

まずはOncyberにアクセスします。 https://oncyber.io/

画面右上のCONNECT WALLETから任意のWALLETを選びます。

 

ここではおなじみのMetamaskを選んでおきます。

 

Metamaskのポップアップでログインと承認を求められるので、いつも通りそれらをこなします。Openseaなどを使うときと同じです。

 

ギャラリー作成

そうしたら早速ギャラリーのタイプを選択する画面が出ます。

 

有料のものもありますが、FREEタブから選べば無料のやつを使えます。

現在は4種類。お好きなものを選びましょう。

 

今回は、いくらなんでもWhite Cubeって名前でWhite Cubeはちょっと...(後述。趣味の問題です)と思ったので、それ以外から適当に選んでおきます。

 

一番収容数の多いwolfgang no2というやつにしてみました。

・・・このタイプ、ぶっちゃけ梁が邪魔です。

 

他のタイプのも暗くてみづらいので、正直White Cubeが一番無難ではあると思います。

 

 

ギャラリー編集

するとこんな感じでedit画面が出てきます。(以下、他のタイプでも同様です)

 

まずは左側で、ギャラリーのタイトル名、URLなどを設定しましょう。

 

環はこんな感じにしました。皆様もお好きなように設定ください。

 

 

 作品の展示

そしたら次は展示するNFTを選びましょう。

 

黒抜きに十字の場所が絵を貼るところです。

適当な所をクリックします。

 

 

そうすると緑色になって、ログインしてるWalletから絵を選べます。

 

絵を選んだら、展示サイズやフレームなどの調整を行います。

絵をドラッグすることで展示位置も変えられます。

 

 

コラボ機能を別として、原則として自分のWalletに入ってるものか、自分がmintしたものしか展示できません

 

自分でmintしたが既に売れたNFTの場合

自分が作ったがすでに売れた作品は、作品選択のときにタブをMintedに切り替えれば選択できます。

 



polygonも対応

polygonの場合は、select assetのところでチェーンを変更すれば表示できます。

これをpolyにすれば大丈夫です。

 

 

 

なお自分の持ってる絵なら同じものも何枚も貼れます。

 

色々試したら右上のPreviewで確認しましょう。

・・・ぐるぐる回してたら3D酔いしました。気をつけて下さい。

 

 

どうも保存ボタンなどはなく、自動的に設定は保存されるようです。

 

完成

完成したら、さっき指定したURLにアクセスすればもう誰でもみることが出来ます。

 

こちら環のギャラリーです。ご参考になれば幸いです。https://oncyber.io/supertanuki

oncyber.io

 

Oncyberの感想

無料だし、かなり簡単に作ることが出来ました。

 

今回はテキトーに済ませてしまいましたが、説明文やフレームなども作り込んだら結構それっぽくなるかもしれません。

ただ、White CubeとWolfgang No2以外は結構チープな感は否めません。

 

あと個人差あると思いますが、環はめちゃくちゃ3D酔いして気持ち悪くなりました。

 

とはいえ、冒頭にも書いたように、いきなりメタバースに土地買って3Dで美術館建設して...というのはハードルが高いと思いますし、手軽に楽しめるツールとしてアリだと思います。

 

 

 

余談にして本題: NFT「アート」と展示について少し考える

この先はセットアップとは関係ありません。

が、NFTアートをもっと楽しくしたいと考える方は少し読んでみてください。

 

 

さて、本記事でギャラリー選択をしましたが、そこでみたWhite Cubeは戦前にニューヨーク近代美術館が導入して以来、現在多くの美術館で利用されている展示方式です。

 

美術館のイメージって、白い壁、白い天井に、余白をたっぷりとって絵が飾ってある感じがしますよね。

要はそれのことです。

 

 

ところが近年(といってももう50年前くらいからですが)では、そうした画一的で制度化された方式のもとに作品を収容・展示していくことには批判もございます。 

 

どんなに内容が斬新なものでも、クラシックな絵画と同じように展示され同じように鑑賞することを強いられるのは、確かに何か奇妙な点もある気がします。

 

 

・・・さて、ここで少しだけNFTアートとの関係性について言及させてください。

 

NFTアートは誰でも簡単に作ることができ、今回みたように、作品を展示するギャラリーすらすぐ作れます。

 

NFTアートは、これまでのアートとは根本的に異なる技術を用いており、未知の芸術的なポテンシャルを秘めたものだと環は考えておりますが(マジで)、必ずしもクリエイター、キュレーター、鑑賞者...によってそのような新しい芸術的な可能性が模索されているわけではないのが現状だと存じます。

 

何も共同コントラクトにnpgファイルを載せて行くだけのやり方を無意味だといって批判する気はありませんし、そういう楽しみ方はありだと思います。環自身そういうコレクションも持ってます。ガス代も高いしね。

 

 

ですが、せっかくですので、NFTアートを作ったり楽しんだりするにあたって、「NFTであること」と「アートであること」の両方の意義について考えてみると、NFTアートはもっと面白くなる気がします。

 

・・・NFT界隈を団結させるとか、国産チェーンがなんだとかという盛り上がり方もそれはそれで何か意味のあることがあるのかもしれませんが、クリプトもモダンアートも好きな環としましては、「NFTであること」と「アートであること」という点での面白さこそ、NFTアートにおいて求めたいことであります。

 

くどいようですが、そうした理念追求を全人類に強要するつもりなどはありません。

が、流行や投機性、絆(?)やWAGMI(??)やsay GM(???)などではなく、技術的、あるいは芸術的な新規性を求めてNFTアートに取り組んでいるクリエイターもいて、そういう意味で盛り上がって欲しいと環は考えている次第です。

 

 

本題に戻りましょう。

 

本記事でNFTアートギャラリーを作るにあたってWhite Cubeはちょっと...といったのは、そういった文脈を背景にしてのことでした。

もっとも、Oncyberの他のタイプのギャラリーも、別に本質的には大した違いがありません。見た目が多少違うだけです。

 

ですが、こういう話をしている記事をあまり見かけなかったので、言及するきっかけとしてまあそういうことを口走っておきました。

 

NFTアートも、リアルアート同様、展示の仕方も今後もっと取り組まれていくと面白くなると思います。

リアルアートにはない自由度(例えばデータであること)、そして制約(例えばブロックチェーン上に存在すること)は、NFT作品の存在自体のみならず展示の仕方にも何か工夫が出来そうです。

 

例えばトークンについては、Openseaのような特定企業のサーバーの利用、IPFSとメタデータ、フルオンチェーン...など、NFTならではの問題について、少なくとも一部のクリエイターやユーザーは色々検討していると思います。

 

そのような感じで、展示の仕方もNFTならではの検討の余地が色々あると思います。

例えばフルオンチェーンNFTの場合、おそらく普通ベクター画像なので、無限に拡大して展示することなども出来るかもしれません。(もっとこの点はNFTではないデジタルアートも同様なので必ずしもNFTの独自性ではありません)

 

 

こうした意味において、NFTの盛り上がりに貢献できれば、環は嬉しく存じます。

 

 

環のNFTアート 各collection紹介

 

(2022年4月18日更新←2021年3月18日執筆)

 

 

ちょっとずつ売れております。THX!

f:id:tanubit:20210318190903j:plain

 

 

・・・一応名誉のため言っておきますが、売れてるように見せかける自己取引・馴合売買ではありません。

そんなことしてもむなしい!環は芸術家を自負している。

 

 

・・・そんなたぬきの絵ですが、いくつかシリーズ(collection)を用意させていただいておりますので、簡単にご紹介いたしますたぬ。

どのコレクションも販売実績ございます。

 

 

準備: NFTが何かもわからない人は・・・

NFTが何かわからない方は、NFT超入門記事をご覧ください。

 

敷居高そうに感じると思いますが、この記事をゆっくり読んだら案外なんとかなると思いますたぬ。

記事の評判は割といいっぽい気がします。絵ほどではないかもしれない。

tanubit.hatenablog.com

 

 

Nice Fine Tanuki

Opensea共同コントラクトの廉価版シリーズです。

 

価格は安いがたぬみは深い。

 

今のところ一番枚数売れてると思います。

 

 

こちら: Nice Fine Tanuki - Collection | OpenSea

 

 

 

Tanuki Sushi

こちらはたぬきを寿司にしたシリーズですたぬ。

 

こちらも廉価モデルとなっております。0.1ETH均一です。

multipleにはしません。1品モノです。

 

なおこちら、bintoroさんという方のアイコンをビントロ化たぬきで描かせていただいたことがあって、そこから着想を得た次第です。

bintoroさんのツイッター https://twitter.com/bintorooic

 

 

 

最近はこれ以上寿司ネタが思いつかなくなってきました。

 

 

こちら: https://opensea.io/collection/tanuki-sushi

 

 

 

Tanuki Multiple Kind(TMK)

こちらはERC1155独自コントラクトです。

これを作るために8万円弱かかりました。ピェ〜

 

たぬき絵をmultipleにしておるやつです。

つまり、相互に区別される複数枚数出してるということですたぬ。

 

それでも枚数に限りあり

1作品につき上限20枚くらい。そんなに枚数用意しない予定で、現在一番多いのでも12枚です。

なお12という数字には象徴的な意味がある! わかるかな!?

 

 

価格はマチマチ。

 

こちらはRaribleでも買えますたぬ。

 

Raribleはこちら: https://rarible.com/tmk

OpenSeaはこちら: https://opensea.io/collection/tanuki-multiple-kind

 

好きな方で買うとよかろうよ。

 

 

Ultra Tanuki (UT)

ERC721独自コントラクト、完全一品ものです。

 

名前の通り、現時点でたぬきの最高ブランドとなっております。

環自身が「これは最高だ!」と思う、魂の作品のみをこのcollectionに乗せて行きますたぬ。

 

作者の環は、Nice FineややSushiはデザイン・ポップアート的な雰囲気が強い作品群だと思っておりますが、このUT作品については完全に芸術作品のつもりです。

 

しばしばネタだと思われておるようですが、環は本当に芸術(美術はもちろん、文学や映画なども含めて)が好きなんですね。

 

特に20世紀前半あたりの時代の作品が好きでして、このUTコレクションでは21世紀の美術史に名を残せるくらいのものを作りたいと思う次第です。

 

 

なお、さっき書いた、TMKのERC-1155とは規格違いのため、わざわざ別個に作ったので、こちらでも更に8万円弱かかりました。

 

 

こちらもRaribleとOpenSeaで買えますたぬ。

 

Raribleはこちら: https://rarible.com/ultra-tanuki

OpenSeaはこちら: https://opensea.io/collection/ultra-tanuki

 

 

今後の抱負など

諸々の手数料で、すでに18万円くらい費用かかっている次第です。(2021年3月時点で)

 

ネタじゃなくてマジなので、さっき書いたように最初から独自コントラクトも用意しましたぬきです。

そのうち、ネット上にバーチャルたぬき美術館も開きたい次第ですたぬ。

 

追記: こちらの記事で簡易バーチャルギャラリー作ってみました。

tanubit.hatenablog.com

【超入門】たぬきでもわかるNFT取引のやり方

 

 [2022年4月16日 更新   ←2021年3月12日執筆]

 

NFTとは

NFTなるもの、ちょっと前から話題になってると思われますたぬ。

 

オークションで75億円でNFTアート作品が落札されたことなど、ニュースで見た方もいらっしゃるでしょう。

老舗Christie's初のNFTオークション、デジタルアートが約75億円で落札 - ITmedia NEWS

 

また、SBINFT(旧nanakusa)やCOSMALINE NFTなど日本企業関連のプラットフォームも登場してきて、これまで仮想通貨をかじってこなかった人も気になりはじめたかもしれません。

 

しかし・・・

  • 暗号通貨関係のなんからしい」と聞いて、ググってもなんだかよくわからねえ
  • 買い方もよくわからん
  • 技術的な話で単なるトレーダーには敷居が高そう
  • 知らねえ。ビットコインしか勝たん

 

そんな感じの印象のたぬきいらっしゃるのではないでしょうか。

 

環もはじめはそうでしたが、いろいろな考えがあってNFTはじめましたぬきです。

やっぱ敷居の高さを感じて素通りするのはもったいねえと思いましたぬき。

 

f:id:tanubit:20200430005227p:plain

 

そんなわけで、この記事は実用的な売買のためのごく簡単な紹介となりますたぬ。

NFTがどんな感じのものか、どうやって売買するか、どの辺チェックしたらいいか。

 

そんくらいの内容です。超入門ゆえ。

 

というかそれ以上のこと、技術的なことや最新の事情などは環もよくわかってないこと多々ございます。ご容赦くださいまし。

 

 

発展的なことについては環も良くわかりませんが、とりあえず売買くらいならそんなに難しくないですたぬ。やってみるベーよ。

 

 

入門しようと思ってググってもよくわからん!

発展的な話はともかく、とりあえずどんなものかな〜と思ってNFTでググるとこんな感じの紹介を見ると思われです。以下強調は環。

 

ノン・ファンジブル・トークン(NFT)は、プロスポーツ選手のカードから、仮想空間の土地、デジタル・スニーカーまで、コレクターが欲しがる多種多様でユニークな有形・無形のアイテムを表すデジタル資産を言う。

 

世界で人気高まるデジタル資産──5分でわかるNFT | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン

 

デジタル資産のノンファンジブル・トークン(NFT)が注目されている。アートや映像、音楽などのデジタルデータと所有者をブロックチェーン技術で結びつけ、その“所有権”を購入できる仕組みだ。

 

デジタル資産の「NFT」という、“所有できる幻覚”の価値 | WIRED.jp

 

・・・わかるような、わからんような。

 

環自身、こういう話は去年末くらいから聞いていたんですが、とにかくなんだかすごそうな技術っぽくて敷居が高そうに感じましたぬき。

 

結局なんだかよくわからん!

f:id:tanubit:20191127020220p:plain

 

 

そんな中で、一番わかりやすいと思ったのはこちらの紹介でしたぬき。

 

NFTとはNonFungibleTokenの略称です。日本語で言うと、代替不可能なトークン。

代替可能なトークン=FTがいわゆる仮想通貨であるのに対して、代替不可能なトークン=NFTは「唯一無二のデジタルなモノ」というイメージを持って活用事例を読んでいただけるとわかりやすいと思います。

 

NFT(NonFungibleToken)って何?特徴・活用事例を紹介 | NFTConnect

 

この説明だとイメージはつきやすいと思いますたぬ。

 

 

要するにNFTとは・・・

 

  • ブロックチェーン技術を利用している
     (→普通の暗号通貨と共通)
  • しかし「1個ずつ」が区別される何かしらのもの
     (→普通の暗号通貨と違う=NFTNonの部分)

 

 

「1個ずつ区別される」ってのは、こういうことたぬ。

 

例えば普通お金って、シリアルナンバーによらず1万円札ならどれでも1万円の価値で使えますよね(コレクション視点を度外視して、普通の経済活動としては)。

これは暗号通貨でも同じアーサーが持ってる1BTCはアフロが持ってる1BTCと同じ価値でしょうよ。

 

そういう意味で、これらは代替可能(fungible)なわけです。あの1個もこの1個もどっちでもいいわけです。

 

これに対して、アーサー自身とアフロ自身は、同じ人間でもどっちでも同じだというわけではないですよね。アーサーの人生をアフロが代わりには生きられまいて。

 

現実世界にある、多くの個体は、人間に限らず、こういう意味で、代替不可能(non fungible)と言えるでしょうよ。

 

 

そんで、NFTは後者の仲間だということです。

 

だから、著作物特定のデータなど、個体を区別する必要のあるものに応用されるということで、現在はデジタルアートゲームのアイテムデータの取引などでこの仕組みが使われ出して話題になっているといった感じです。

 

 

以上の例えは環が考えたものですが、たまたまこちらのまとめと被ってしまいましたぬきです。環より日本語がしっかりしていてわかりやすいと思うので、リンク貼っておきますたぬ。

https://hashhub.tokyo/wp-content/uploads/2020/04/NFTin10min.pdf

 

 

 

備考: NFTという言葉の多義性がわかりにくいか?

なお、これは環の印象ですが、NFTがわかりにくい事情の一つに、このNFTという言葉が多義的に使われていることがある気がしますたぬ。

 

つまり、上記のような仕組みそのものを指しているのか、それともそういう仕組みのもとで公開・取引されている個別の作品やデータのことを指しているのか。

 

どっちについても「NFT」と呼ばれることがあるので、何のこっちゃとなるのかもしれません。

 

 

でもこのような多義性はよくあって、例えばファンジブルトークンな「貨幣」だってそうでしょうよ。

 

貨幣って言葉も、目の前の100円玉のことをそういうこともあれば、貨幣による交換システム全体のことも指したりしますよね。

「貨幣の発明はナントカ時代に行われた」という歴史記述が重要なのは、物体としての貨幣の存在というよりも、物々交換ではないある種の仕組みが誕生したことの方にあるでしょうよ。

 

まあそんなわけで、多義的に使われていても慣れればそう問題なかろうよ。

 

f:id:tanubit:20200731030112j:plain

 

NFT取引に必要な準備

NFT取引をやるには、

 

①取引用の仮想通貨(以下ではイーサリアム)、②仮想通貨を入れるウォレット(以下ではMetaMask)、③プラットフォーム(以下ではOpensea)

 

この3点を準備しておく必要がありますたぬ。

 

 

「②から先は何だかよくわからねえよ!」と思われの方もいらっしゃいますと思われですが、順番に話すので大丈夫です。

 

 

面倒くさいかも知れませんが、このやり方すらわからないままでは、metamaskを知らなくても簡単に出来るやり方があるなどと言われて変な詐欺みたいな嵌め込みにあってしまうかも知れません。

それくらい基本的なことですので、ぜひ抑えておきましょう。

 

 

① NFT取引用の仮想通貨(ETH)

・・・NFTを適切に理解するためには、本当はブロックチェーン自体の話をすべきですが、あくまで実用的な知識を知ろうというこのページの趣旨を超えて話がややこしくなりすぎてしまうので、割愛します。

 

とりあえず、ここでは「ブロックチェーンとかいうやつがNFTの母体らしい」、くらいに思っておいてください。

 

 

そんなわけで、母体であるブロックチェーンの種類によってNFT取引をする場所が違ったりします。

f:id:tanubit:20220416033039j:plain

 

 

しかし、入門者がいきなりそんなことを言われても困ると思う。

 

なので、以下では最もクラシックなEthereumチェーンでの話のみします。

基本的なものではあるので、入門者が最初に知っておくのにはいいんじゃないかと思います。

 

ただし、現在ではSolanaなど、EthereumではないチェーンのNFTも存在感をましてきました。

例えば戦艦という通称でおなじみの「Star Atlas」が一時期すごく話題になってましたし、最近では歩くと仮想通貨がもらえる「Stepn」などが流行ってます。

これらはEthereumチェーンではないので、以下のやり方では買えません。それらはまた別の機会にお話いたしましょう。

 

 

 

さて、EthereumチェーンのNFT取引に使う手数料はETHで支払うことになろうよ。

この手数料をガス代(Gas Fee)と申します。

 

NFTをやるには基本的に、ガス代を払うためにEthereum(ETH)を買っておく必要があります。

また、NFTそのものの代金もETHで払うことが基本(そうでないこともある)になるので、とりあえずNFTをやるにはETHを持ってる必要がある(ことが多い)という感じです。

 

ETHはどこでも好きな取引所で買えばよろしいと思う。

 

ただし「販売所」はべらぼうに高いので、板注文できる「取引所」を使おうな。

 

環はよくGMOコインを使っております。

仮想通貨の送金手数料無料なのは馬鹿にならんよ。

 

 

② ウォレット(ここではMetamask)

MetaMaskはブラウザの拡張機能として使えるウォレットです。

ここにさっき買ったETHをぶち込んでおいて使うわけです。

 

また、各プラットフォームへのログインにも使うので、必携アイテムといってよかろうよ。

 

 

Chrome版のセットアップ手順

Chrome版の手順はピクリプトさんのとこに大変わかりやすのがございます。

そちらご覧ください。割愛!

[メタマスク(Metamask)の使い方・基本編] 入手、ウォレット作成、送金、入金方法を説明|ピプリクト(piprycto)-ブロックチェーンゲームの最新情報&攻略サイト

 

 

Firefox版のセットアップ手順

・・・といって何にも書いてないと寂しいので、Firefox版の手順を書いておきますたぬ。

 

 

まず公式サイトに行く。https://metamask.io/

そして「Download」→「FireFox」

 

するとこうなるので、「+ Add to Firefox」してポップアップを許可しよう・

f:id:tanubit:20210312170502p:plain

 

 

するとブラウザの右上にきつねちゃんアイコンが追加される。これがメタマスク。

f:id:tanubit:20210312171021p:plain

 

 

きつねちゃんクリックしてセットアップしましょう。

 

初めてメタマスクやる方は右側「ウォレットの作成」をクリック。

f:id:tanubit:20210312171137p:plain

品質向上のためのなんたらみたいなのが出るので、許可するかしないか(どっちでもいい)選んだら、パスワード設定をしますたぬ。

 

 

パスワード設定したら、シードフレーズのバックアップというのが出てきます。

f:id:tanubit:20210312171523p:plain

超重要!

アカウントのバックアップに使う12個の単語の並びが表示されますたぬ。

単語の順番が大事です。

 

パスワード無くしたとして、さらにこのシードフレーズをなくすと、ウォレットに2度とアクセスできなくなる。資産は事実上永久凍結になっちまいます。

あるいはこのシードフレーズを誰かに知られてしまえば、ウォレットごと奪われちまう

 

なので、このフレーズは超重要です。

紙に書いてしっかり保存しておきましょう。

 

シードフレーズをたやすく他人に教えてはいけません。

これを聞き出そうとする詐欺みたいなやつが横行しているので気をつけてください。

 

 

 

さて、この確認が終われば、セットアップはおしまいですたぬ。

 

f:id:tanubit:20210312171916p:plain

 

あとはETH入金するだけです。

 

f:id:tanubit:20210312172551p:plain

出来立てホヤホヤなので残高0。

 

 

 

③ プラットフォーム

NFTを取引するところをマーケットプレイスとかプラットフォームとか呼びますたぬ。

聞きなれない言葉でなんか敷居を感じるかもですが、まあ要するに取引所のことです。

 

メルカリとかヤフオクとか、そういうフリマ・オークションサイトのNFT版だと思ってよかろうよ。

 

NFTを買ったり売ったり、あるいは自分の作品を出品したりも基本はこうした取引所で行いますたぬ。

 

 

 

代表的なプラットフォーム

NFTプラットフォームはいくつもございますが、今回は規模が大きくて、初心者でもとっつきやすい代表的なところ2つ紹介いたします。次第だな。

 

特徴などについても説明はだいぶ簡単にしておきます。

 

アーティスト側としては、オフチェーンがナントカとか結構大事な話題がいくつかあるのですが、この記事はとりあえずログインして検索したり売買したりできるようになることを目指しているので、最低限だけです。

 

 

なおフィッシングサイトいっぱいあるので気をつけよう!!

対策として、ピクリプトさんが紹介しているやり方を引用させていただきますたぬ。

フィッシングサイトが紛れ込んでいるからだよ。特に広告欄は高確率でフィッシングサイトだ。
初めてサービスにアクセスするときは、Twitterで公式アカウントをまず探し、そこのリンクからアクセス。
そのサイトをブックマークして、その後は必ずブックマークからサイトにアクセするようにしよう。

 

クリエイターのためのNFT講座② – NFTを作って売ってみよう!|ピプリクト(piprycto)-ブロックチェーンゲームの最新情報&攻略サイト

 

 

 

Open Sea (@opensea)

OpenSeaは、2017年末からサービス開始された、最大級のNFTプラットフォーム

基本のキです。

 

 

かなり色んなジャンルの取り扱いがあるのが特徴的ですたぬ。

ゲームのアイテム、アート、トレカの他にも、ドメイン名なども。

 

出品ファイルの容量が上限100Mと他のプラットフォームより大きいので、動画などの容量くう系のものも相性がよかろうよ。

 

 

ログインの仕方

ログインにはさっきセットアップしたMetaMaskを使いますたぬ。

 

サイト右上の丸いアイコン(デフォルトだと人型)にカーソル合わせるとにゅっとウィジェット出るんで、Account Settingsクリックする。

 


そうするときつねちゃんが出てきてサインインを求められるのでクリックすると、こんな感じのミニウィンドウが出てくる。

 

署名しましょう。

署名って言葉にビビるかもしれませんが、なんのことはない、本人確認です。

プロフィール設定を変更するときなども逐一署名が求められますたぬ。



 

これでおーけーです。

 

あとは売買するだけです。

 

買い方・価格交渉のやり方

まず適当に欲しいものを検索しましょう。

f:id:tanubit:20210410175320p:plain

 

色々出てくるんで、気になるやつをクリック。

商品画面に行きます。

 

 

設定されている価格で即購入する場合は、「Buy now」または「今すぐ購入」

f:id:tanubit:20210410180133p:plain

 

 

価格交渉もできます。

その場合は、もうちょいページをスクロールして「offer」(または「申し出をする」)で好きな価格で打診します。

 

 

 

売り方

買い方に比べてちょっとわかりにくいカモですが、画像付きでやるのでゆっくり読んでくださいな。

 

 

まずアイコン→「profile」のページを開きます。

 

 

f:id:tanubit:20210410181210p:plain

 

  

すると、MetaMaskのETHアドレスに紐づけられてる=自分の持ってるNFTが色々と表示されます。環の場合はこんな感じ。

 

f:id:tanubit:20210410181419p:plain

 

売りたいアイテムをクリックします。

 

f:id:tanubit:20210410181631p:plain

 

「Sell」「売る」ボタンをクリックして、販売方法などを設定します。

 

多分ここでパニクりかねん!

が、ゆっくりやりましょう。

 

ここでは普通のフリマアプリと同じように、「時間無制限で決まった値段で出品する」やり方を書いておきます。

 

 

f:id:tanubit:20210410181851p:plain

まず設定を「Set Price」にします。

 

そして「Price」に売りたい価格を入力します。

通貨はデフォルトだとETHですが、USDCなどもある。

 

フリマアプリ的な使い方をするなら、他の項目はいじらずに、右上の「Post your listing」を押して出品確認をします。

 

押すとメタマスクが立ち上がる。

f:id:tanubit:20210410183146p:plain

あとは「署名」して出品となりますたぬ。

 

 

 

Ralible@ (@rarible) (旧@rariblecom)

ここは比較的新しいんですが、ここも結構大規模です。

 

 

特徴の一つとして、売買するとRARIという独自トークンが手に入り、これが運営方針等への投票権みたいな機能を持つ(ガバナンストークン)。

運営方針なんて知らねえと思ったたぬきはRARIを売ることもできる

 

 

 

ログインの仕方

右上の「Connecct wallet」をクリックして・・・

 

f:id:tanubit:20210312201910p:plain

 

ウォレットを選ぶ。

色々選べますが、ここではこの記事で作ったMetaMaskにしてみよう。

f:id:tanubit:20210312202131p:plain

 

 

するとミニウィンドウが開くんで、接続するアカウントを選んでやる。

 

f:id:tanubit:20210312202353p:plain

f:id:tanubit:20210312202427p:plain



これでおけーです。

 

利用規約に同意したらひとまず完了です



 

 

日本語設定の仕方

日本語の設定はちょっとわかりにくいんですが、サイト上部のexplore以外のテキトーなタブを開いて、ページをスクロールして右下に言語設定の場所があります。

f:id:tanubit:20210312212229p:plain

 

 

・・・しかし現在日本語は結構アレなので、改善されるまでは英語の方がわかりやすい気がしますたぬ。

 

f:id:tanubit:20210312212418p:plain

こんな感じになる。仕方あるまいよ。

 

 

たぬきのNFT出ました

ここからたぬきのNFTを眺めることができます。眺めるだけでなく、よろしければお買い求めください。

opensea.io

 

例えば、この記事中にも貼ってあるブロックチェーンたぬきもNFTになってます。

 

f:id:tanubit:20220416033039j:plain

これや。

 

ただし、これは1枚しかなくて、すでに売れてしまったので、欲しい方はこの記事で学んだ「offer」を出して購入交渉することになります。(現所有者が売ってくれなければ買えません)

blockchain-tanukis - Nice Fine Tanuki | OpenSea

 

 

 

その他、下の記事で環のNFT作品を紹介させていただいております。

よろしければご覧ください。

tanubit.hatenablog.com

 

また、自分でNFTアートを作ってみたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

tanubit.hatenablog.com